スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

裁判

敷金返還の少額訴訟を起こした (10・最終回)和解となった

 2回目の口頭弁論に向けての準備としては、ぼくのほうは1回目の後そのまま追加証拠として写真を提示して帰ったが、それ以上は特になかった。クソライフ社の追加証拠が後日郵送されてきたのだが、内容を見て苦笑いするしかなかった。まず、向こうがぼくの退去後に撮った写真は、うまいこと汚く見えるように撮ってある(まあ実際長年住んだので当然それなりの汚れはある)。それはいいとして、もうひとつがハウスクリーニングの相場を示す証拠として、まったく関係無い業者のホームページをプリントしたものが同封されていた。そのページぼくも見たことあるよ…既に検索したよ…。

 そんな感じで2回目まではノホホンと過ごし、当日は半休を取れば充分と判断し一日年休は取らずに迎えた。そこで少し雲行きが変わっていた。
 というのも司法委員の人が替わっていて、前回の引き継ぎはされているのだろうけども空気感も変化してしまっていた。証拠も相手方のものが増えていてそれ中心に確認していくので、そこまで暴利ではないのでは、というニュアンスもでてきてしまったのだった。
 一通りの追加証拠を確認しそこでまた休廷、別々に呼び出される格好になる。まあ和解の道を目指すというのはそういう流れなのだろう。個室で、司法委員の人に「相手は5万までなら和解すると言っている」「決着まで目指してもいいが、これより悪い結果になることも可能性としては否定できない」「私の顔も立ててほしいところです」などと、完全に説得モードに入られた。判決をするというのはきっと色々めんどくさいことなのだろうというのは想像に難くない。またこうして和解は作られるものなのだなあ、と感じつつ、はっきりと「申し訳ありませんが、この裁判での和解ラインは3万と決めてきています。一度わざわざ訴えを起こした以上、それは譲れません」と伝えた。司法委員の人は、「うーん…じゃあ相手にそう伝えてみますが…3.5は?」と家電屋の値引き合戦みたいな様相になりつつあった。ぼくは一歩引いた姿勢を示すために、勿体付けつつ「わかりました、そこまで仰るならば3.5万なら和解します。これ以上は無理です」と伝えた。
 その後部屋をクソライフ社の人と入れ替わり、そしてこの敷金引き3.5万で和解と相成ったのであった。

wakai.jpg




■さいごに
 退去〜決着まで約5ヶ月も引っ張ってしまい、労力に見合う成果なのか?というのがまずあるかもしれない。ぼくの場合、再提示された見積もりと実際の返金額の差額は6.5万円なので、これがほぼ訴訟にて勝ち取った対価だと言える。はっきりいって時給換算するとちょっと微妙な額ではある。ただ、基本的にそこをめんどくさがったり泣き寝入りする流れこそ、クソ管理会社のねらいなのであり、思うつぼなのである。

 5ヶ月といっても、予備知識および資料があって、あと手順がわかっていれば実際それほどの時間を費やす必要があるわけではない。カレンダーどおりの仕事をしている人にとっては、最低2回(各種書類取得および提訴の日、あとは裁判当日。裁判は通常訴訟に移行したらもう一回くらいあるかもしれない)は平日の半休が必要なのが一番のハードルだろう。ぼくの場合は比較的半休くらいは取りやすい職場かつ時期的にも仕事に余裕があったのでどうということはなかった。
 学生だったら…というのもあるが、その場合そもそも敷金が高額な部屋には住まないだろうから、なおさら費用対効果の面でどうかという話になってくるかもしれない。ただ経験としてやってみるのは面白い(ぼくも正直言ってそれが大きかった)し、遠慮無く訴訟できる相手なんて、ふつうの生活をしてるとそうそう現れるものでもない。
 ネット上ではちょっとしたことですぐ訴訟がどうのこうのとわめく声のでかい人もちらほら見かけるが、実際やったこともないくせに口先ばっかりなのが殆どなので、いっそ本当にやってみると良いと思う。
 まあその辺の総合的なメリット・デメリットの天秤でどうかという判断になってくるという話なので、ぼくから言えることは、思ってるより全然簡単だということだ。
 ちなみに、現在の部屋の管理会社は比較して信頼できる感じだ。前トラブったので、と説明したら覚え書きみたいのもすぐ書いてくれたりして、動きもいい。たとえば、ここで敷金フルで取られても、ある種納得して払ってしまうかもしれない。なんでもかんでも安ければいい、自分の腹は痛めたくないという金の亡者みたいなのも中にはいるが、多くの消費者の心なんて実はそんなもんだ。

 長く引っ張った割にオチは特にないが、以上です。
スポンサーサイト

裁判

敷金返還の少額訴訟を起こした (9)裁判が始まった

 手続きをしてから2週間前後経った頃だと思うが、裁判所から電話で連絡が来た。一応案件担当者のような人がついてくれて、諸々の調整ごとをしてくれる仕組みのようだ。相手から通常訴訟への移行(これでいわゆる少額訴訟のルールどおり、一回で終わることがほぼ無くなる)の希望があったことを聞き、また口頭弁論の日程調整が入った。基本的にはお忙しい裁判官様にこちらが合わせる格好になるので、このときからおよそ1ヶ月後くらい、5月某日となった。クソライフ社の担当者は「仕事」でこの日出てくるのだろうが、こちらは休みを取らねばいけないという時点でちょっと不満はあるが、まあ仕方がない。そしてその数日後、クソライフ社からの反論が書かれた書類と、その証拠(ただの契約書の写し)が送られてきた。内容は、まあなんと言おうと契約は契約だから何を言ってるんだねコイツはプゲラッチョ的な煽り文句が書かれており、改めてクソライフ社への闘志がわいてくるものであった。

 そうして口頭弁論当日は一応有給を取り、お昼前くらいの開始に間に合うようかなり時間に余裕を持ってでかけた。指定された番号の法廷ではひとつ前の弁論が行われていたので待ちがてら見学してみた。学習塾の月謝の未払いについての少額訴訟のようで、訴えられたほうは出廷すらしていなかったのでもうこれは請求通りの判決確定であり、なんとなくまったりしていた。

 それが終わるといよいよ自分の少額訴訟あらため通常民事裁判第一回目の口頭弁論となる。一度部屋から追い出された後に再度部屋に入り、名前を書いた上で傍聴席の柵を越えて法廷に立つ。といってもテレビでよく見るような感じのではなく、単なる会議室のような丸いテーブルを囲むだけだ。ここにいるのは裁判官、司法委員、書記(担当者)と原告のぼく、そして少ししてクソライフ社の担当者がやってきた。ぼくとは目を合わせることもなく着席した。裁判官も書類にはひととおり目を通してきているので、クソライフ社の人に「あなたKさん(仮)じゃないみたいだけど?」と確認した。Kというのはぼくと一連のやりとりをした解約担当者のことだ。クソライフ社の人は「Kは退職しました」とだけ答えた。ぼくは思わず苦笑いをしてしまった。離職率が高そうな業界には思えるけど結局、K氏は訴えるならどうぞご自由にみたいなことを言っておいてぼくと直接対峙することはなかったのであった。いま元気にしてるかなあ。

 で、やりとりの内容としては事前に資料に全員が目を通してきていることが前提なのでスムーズである。主張も、ぼくのほうは「ボッタクリだと思っているので見積もりの根拠を出せ。出せないなら払う気は無い」、相手は「いやいや何言ってるのこれだけかかるんだから払え」のシンプルな対立である。
 裁判官はクソライフ社の人に「貴方がたはよくこういう訴え受けるでしょう?どれくらいありますか」と、保有物件数と絡めて問うと、クソライフ社の人は「今年は●件くらいです」と答えた。「なんか(物件数の割には)多いねえ」と裁判官が言った。ぼくはわからないが要するにどうやらクソライフ社は規模の割にはちょくちょく訴えられてるということのようだ。まあ納得ではある。

 ぼくの用意した写真などと通常の相場から見てクソライフ社の金額はどうもボッタくってるぞ、という雰囲気がではじめたところで一旦休廷となり、個別に別室に呼ばれ、相手のいない場で和解の道が探られる。この日は先にクソライフ社の人と司法委員が話をした後、ぼくが別室に呼ばれた。
司法委員の先生は、ぶっちゃけいくらならいいんだ、と尋ねてきた。ぼくは元々主張通りの完全勝利ではなく和解のボーダーは設定しているが、こうした手続きまで踏んでいるので中途半端なラインで妥協はしませんと答えた。この期に及んでクソライフ社は返金9万(敷金引き11万)を和解ラインと言ったようだ。それでは話になりません、とつっぱね、この個室トークは終わった。そして法廷に戻り、この日は一旦終了となった。次回までに追加証拠があれば出してくれとのことで、約1ヶ月後が2回目の日取りとなった。

 全然関係ないが、ずっと傍聴席で一人の老人がぼくたちの様子を傍聴していた。裁判官に「知り合いですか?」と聞かれ、一瞬たたずまいが大家さんに似ていたので怖くてそっちのほうを見れなかったのだが、見たら全然知らない人だった。心臓に悪いのでやめてほしい。大家さんは繰り返しだが本当に良い人だったので、もし迷惑がかかっていたらと思うと今でも心苦いのだった。

レビュー

BOOKSCANのチューニング結果を比較してみた

BOOKSCANで本の電子化を代行してもらってみました。嬉しいことに元のpdfだけではなく、事後で端末に最適なチューニング版のファイルも作ってくれるので、手持ちの端末で比較してみました。

RIMG0003

今回の比較対象はiPad第3世代、kindle3G、iPhone4s。元のpdfとPCやMacの組合せによる表示は省略。だいたいご想像の通りで充分読めますので。

※スキャン元の本はハードカバー、19x13.6cm版の小説です。カメラはコンデジ、撮影場所は室内、蛍光灯の下です。画像補正とかは面倒なのでしていません。写真はリンク元のflickrで大きいものを置いてます。あまり厳密なテストではないですし、主観ベースなのでその前提でお願いします。あと別にBOOKSCANから金もらってるわけではないです。


■まずはiPad第3世代(iBooksで表示)。手で持ったイメージ。
RIMG0004
充分に読めます。もうごく自然に。

マクロで撮ってみても流石Retinaって感じです。
RIMG0006
ちなみにiPad第3世代用チューニングと元のpdfを比較しましたが容量以外特に大きな差は感じませんでした。元のやつは容量がでかいのでページ送りの読み込みが多少もたつきますが、チューニングしなくても問題無いように感じました。

■次にiPhone4s。こっちもiBooksで。まずは自然に手に持ったイメージ。
RIMG0007
やっぱりちょっと小さいですよね流石に。読めなくはないですけど。

顔を近づけたイメージ。このくらいで普通に読めますが、老眼が始まってたら厳しいかもしれませんね。ぼくは大丈夫ですけど!!!!
RIMG0008

マクロで。まあこっちも何ら問題無いです。
RIMG0009

ただやっぱり元が単行本サイズの1ページをそのまま読むのはフォントサイズ的にはちとキツイです。というわけで丁度BOOKSCANでbREADER用チューニングというのが始まっていたのでこれを試してみました。
このアプリはpdfスキャンの本でも、拡大時にEPUBの電子書籍のフォントサイズ変更のごとく自動で無理矢理改行してくれるステキな仕様です。

というわけで自分が自然に読めそうなフォントサイズに拡大してみました。通常、当然ですけど1ページの一部分だけが表示される格好になるのでとても読みづらいはずなのですが、bREADERが改行を入れてくれてます。これはイイ!
RIMG0011

ただし無理矢理補正してるので縦の文字の位置が多少ズレてたりします。あとは文字が薄いまま(iPhone用には文字のコントラストアップのチューニングがなされるようですが、bREADER用ではされてない?)
RIMG0012
というわけでまだ進化の余地ありかもしれませんが、かなり実用性に期待が持てます。
※今のところ縦書きのみ対応のようです。横書きの書籍は今のところはiPhone横持ちでしのぐしかないですかね。

■最後にkindle3G。こっちは普通の液晶ではなくEインクなので、写真ではわかりづらいですが画面は発光してません。
RIMG0015

Eインクはやっぱり読みやすいです。目が疲れない。これは写真じゃわかりづらいのでソニーのアレとかの類似品をお店で見てみると良いと思います。サイズ感も重さも良いです。
RIMG0013

文字は若干ジャギってますが、気になりません。
RIMG0014


■感想
というわけで比較してみて、まずはkindleやっぱり良いなという感想です。iPadは通勤に持ち歩く気にはなれないし、そもそもぼくの場合はハードカバーでかくて持ち歩きたくないというところからの出発なのでこれはちょっと用途に合わない感じです。iPhoneは手ぶらで出勤してるのでこれで済めばベストなんですが、流石に老いには勝てそうもなく、ちょっと細かい字が辛いときもあるのです…あるのです…。とはいえ「bREADER」で補えばイケそうかもという感じでした。
勿論個人差や個人の状況、好みによって色々わかれると思うのですが、何しろいろんなチューニングをダータで提供してくれるBOOKSCANリスペクトって感じでした。通常会員なので1.5ヶ月待たされましたが……。


※本記事は2012年7月現在の状況を元に記載しています。今後さらに進化したらこの記事はゴミになるかもしれません。

裁判

敷金返還の少額訴訟を起こした (8)簡易裁判所で手続きをした

 前エントリまでの作業を2011年2月中に終えたのだが、3月頭に旅行に行くことにしたので具体的に裁判所に手続きにいくところは止めておくことにした。そして海外にいる最中に例の震災がおき、日本に帰ってきたら雰囲気的にも実際の照明的な意味でも暗い東京になっていた。
 しかし帰ってきたら手続きをすると決めていたので、震災からわずか数日ではあったがかまわず裁判所に出向いた。一応きちんと業務は受け付けていて(流石にふだんより客は少なそうだった)、滞りなく手続きは進められた。
 ここで証拠として提出したのは、

・以前のエントリでアップした見積書(最初にでてきたものと修正されたもの)
・見積書への質問書の写し

である。一応とっておきとして

・自分の部屋の住んでいたときの写真
・自分が住んでいた部屋が新たに貸しに出されたときの家賃とか書いてある紙
・そこに素知らぬふりで下見をしたときに撮った、勝手にカーペットが変わったりしていた室内の写真
(※このシリーズ(3)のエントリ参照)

といった証拠は切り札として敢えて出さない(というか当日持って行く)ことにした。というのも、少額訴訟では原則として1回で終了するのだが、相手が通常訴訟を希望した場合は1回で終わらなくなる。そして1回で終わるというのは訴えられたほうとしては基本的に不利なので大抵通常訴訟への移行を希望すると聞いていたので、2回3回やることを見込んで手の内は一挙には見せないことにした。ここで提出した証拠は一度先に先方へ送付されるため、それに対する反証の証拠を用意するということができるからだ。
 自分の場合は敷金が20万円だが、そもそも見積もりがなんの根拠もないので無効であるという主張ということにして、20万まるまる返せという体でいくことにした。この場合訴訟の費用としては2000円で、あとは各種の郵便代としてあらかじめ3000円分程度の切手を購入し提出する。
 ひとつ手落ちがあったのが、相手は大家さんではなくクソライフ社(法人)なので登記簿謄本が必要ということで、これの取得を忘れていた。東京の場合は九段下の東京法務局で取得できるのだが、この申請手続きの時間の都合であわててタクシーで東京簡易裁判所から法務局まで往復することになった。これまた幸いにも法務局でもそれほど待ち時間なく登記簿謄本を取得できた。
 あとは規定の書類(少額訴訟、しかも敷金返還訴訟用のフォーマットも用意されている。↓こんな感じ)

http://www.courts.go.jp/saiban/syosiki_minzisosyou/syosiki_02_04/index.html

にそれなりに記入し、証拠(原本とコピー2セット)と一緒に提出する。提出時は受付担当者にチェックしてもらい、多少の不備はその場でホワイトを入れつつ修正する。証拠には甲1号とか2号とかとひとつひとつ名前を定義されてすこしそれっぽい感じがでてくる。これを提出したら相手のリアクションを待ち、裁判日程の調整に入るということでしばらくは待ちの状態となる。

 ちなみに、訴状フォーマットにある「その他参考事項」の欄は小さいため、別紙を用意し要点を記載した方がよい。ぼくが実際に書いて提出したものを一部社名等を改変しつつここに引用しておく。といってもこれもどこかのサイトにあったものをおおいに参考にさせていただいたもので、まあもっと平たくいえば若干パクった。ありがとうございました。
------------------
(別紙)紛争の要点・請求の原因 その他参考事項

1,平成23年1月XX日に株式会社クソライフ指定担当者立会いのもと、居室引渡しの状況確認および鍵受け渡しを実施したが、その際立会い担当者からは特に指摘もなく、また確認書類等の提示もなかった。事実として、7年間の入居における通常損耗・経年変化の範囲を出る汚損は認められない。
平成23年2月AA日に、被告から原告に、平成23年1月XX日付の見積書が提示され、原状回復工事費用として180,159円を原告が負担すべきものとして記載されていた。
(詳細は添付書類「原状回復工事見積書(1)」を参照)

2,しかし原告が負担すべき修繕費用の合理性・妥当性の詳細説明を株式会社クソライフ解約担当者に電話にて求めたところ、平成23年2月BB日に、負担内容を修正した見積書が提示された。
(詳細は添付書類「原状回復工事見積書(2)」を参照)

3,平成23年2月CC日に、見積書に対する質問書を原告より株式会社クソライフ解約担当者へFAX送付し、文書による回答を求めたが、回答を得られなかったため、平成23年2月DD日に原告より電話確認したところ、同担当者より特に説明・回答は無い旨の返答を口頭にて受けた。

4,3 のとおり、見積内容についての論理的合理性、妥当性の説明、またその裏づけとなる資料提示が無いこと、事実と異なる請求内容が記載されていること、及び2のとおり見積金額を無根拠に変更してくる事実、そして国土交通省「原状回復をめぐるトラブルとガイドライン」、東京都「賃貸住宅トラブル防止ガイドライン」に基づく考え方の観点からも、見積書の大前提としての見積内訳、単価、適切な費用その他の根拠について、一切の信頼性・妥当性が認められない内容である。このことから、原告は見積内容の一切の負担を行うものではないと考える。

5,また4から、貸室賃貸借契約書第23条に記載された特約事項(室内クリーニング費用を入居者負担とする旨)についても単価の妥当性説明がなく、また消費者契約法第十条に基づき、この特約自体も無効であると解釈するものが相当である。

6,よって、原告は被告に対し、敷金の全額返還を求めるものである。

------------

裁判

敷金返還の少額訴訟を起こした (7)各種の勉強と無料相談をした

 まずは敷金トラブルとその解決策、具体的には少額訴訟について、ネットの事例と書籍で学ぶことにした。少額訴訟という言葉はよく目にしたりするが、その具体的な手続きの流れ、必要な書類や期間、費用といったことを理解した。はっきりいって本を買うほどに難しいことはなく、図書館でその手の本があれば1冊目を通せば十分である。というかネットで拾える情報でだいたい問題ない。

 それともうひとつ、これまでの経緯で自分自身アツくなっている部分があって客観的に見てちょっとおかしいことになっているかもしれない、とどこかで疑うことを忘れないようにするため、いちおう第三者的な立場からの見識を伺いたいと考えた。といっても知り合いなんかでは基本的に共感してくれるはずで、別に愚痴に対するそれのような対応は求めていないので、本当に第三者にあたることにした。自分の場合、消費者センター、司法書士、東京都都市整備局住宅政策推進部の3者に相談した。いずれも無料であった。

 まず消費者センターだが、(23区の場合)飯田橋の駅ビルの中にあった。対応してくれたのはおばさんで、飛び込みで行ったがそれほど待ち時間は無かった。とはいえおそらく普段は暇人の相手で忙しそうな雰囲気は見て取れる。受付で名前を書き、呼ばれたら個室に入り担当者へ相談する。これまでの経緯と各種の証拠となる書類を出し、一般的にこういった事例における今後の進め方や、自分がおかしなことを言っていないか、といった点に対しレビューしてもらうかたちをとった。立場上確実にこうだとは言えないが、と前置きされたうえで、主張には何ら問題なく、また請求額は明らかに高価い、という評価を得た。

 次に、たまたま無料相談をやっているという情報をネットで見つけて、司法書士の無料相談に出向くことにした。場所は四ッ谷の司法書士会館で、これまた既に先客も結構いたものの運良く待ち時間なく相談することができた。これも消費者センターのときと同様に証拠等を見せつつ経緯を説明するような流れだったが、司法書士の人は消費者センターのおばさんよりは前のめりでいろいろと提案してくれた。いわく悪質なのでもう問答無用で裁判でいいし絶対勝てる、いわく少額訴訟じゃなくたっていいくらい、自分が事務所で借りた物件の場合は…などやたら勇気づけられるような内容だったのは今思えば司法書士という(本来は有料で仕事をやっている立場としての)リップサービスが含まれているのだろう。しかし一番具体的で内容も濃かったので、これが1時間相談で無料なのは本当に儲けものだった。なんで無料でやってるんですか?と聞いたら、PRも兼ねてるというので、別の問題で何かあったら、とお礼を言って帰ってきた。

 最後に、これはその司法書士に教えてもらったのだが、東京都でも賃貸トラブルの相談を受けていて、悪質業者などに対し場合によっては指導なども入れるところがある、というので追加で出向くことにしたのが東京都都市整備局だ。都庁の中のオフィスの一角でブースが設けられて相談が受けられるようになっている。ここでは30分くらい待って、ようやくという感じでじいさんが出てきた。ここでも上記と同内容の説明をしたが、あまり身になる話はなかった。しかし物件の貸主とオーナーの関係がどうとか(それで訴える相手が変わるとか)、場合によってはそれが不適切な契約になっているかも、といったこれまでと違った視点でアドバイスをくれたりはしたので、無駄ではなかったと感じた。

 このように、まったく役に立たなかったとは言わないが、いずれも各々の立場からの助言程度に過ぎないので、自分のやっていることに自信があるのならすっとばしてもいい手順ではあった。少なくとも金を払う必要は無いので、自分の状況により必要だと感じたのであれば活用することを推奨したい。自分の場合は経験済みなのでたぶんもういきなり訴えると思うけど。
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

経県値
Twitter
Page Top

Powered by FC2 Blog |

FC2Ad

| Template Design by スタンダード・デザインラボ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。