FC2ブログ

スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

B級スポット

ピラミッド温泉に行ってみた

これでも一応日本全国行ったことのない都道府県は無いというくらいの旅行はしている小生であるが、旅行好きのご多分に漏れず温泉も好きなのである。そんな中、栃木に『自遊人』の温泉図鑑にはまず出てこない(と思う)温泉があるので行ってみることにした。
その名を「ピラミッド温泉」と言い、新しい椎名林檎のアルバムかと思うくらいの組合せである。
場所は栃木・那須の近くにあり、詳しくは適当にググっていただきたい。

外観は見事にピラミッドそのものである。門柱の部分にはかつてあの有名なねずみのキャラクターの像もあったらしいが今は撤去されている。
IMG_3131.jpg

ピラミッド、美術館、温泉、バーベキュー、釣り堀のコラボが織りなす総合アミューズメントスポット!
IMG_3130.jpg

このコンテナの裏はコインランドリーになっており旅人にもやさしい。
IMG_3129.jpg

駐車場からの全景。おそらく経営者の自宅であろうフツーの民家も金色に塗られている。
IMG_3121.jpg

庭には鶏小屋がある。クジャクもいたがあまり元気はなさそうだった。
IMG_3138.jpg

入り口にはスフィンクスが2体配置され、ピラミッドに侵入しようとする者になぞなぞを出してくる。「朝は4本足、昼は2本足、夜は3本足。これは何か」というので「下ネタじゃねえかよ!」と返すと、彼はすごすごと退散し海に身を投げた。もしくはそんな夢を見た。とにかく鳥の糞を洗ってあげてほしくはある。
IMG_3139.jpg

この手のスポットにはなぜか高確率で配置されるカラフル電球がここにも。物悲しいだけなので、どんどんやってほしい。
IMG_3172.jpg

中に入って受付に料金を払い入場すると、なにやらゴー☆ジャスな空間が広がっている。
IMG_3160.jpg

お土産コーナーには日本直販の愛犬ロボ「てつ」を彷彿とさせる犬(電池別売り)。
IMG_3169.jpg

勿論パワーがいただけるようなアクセサリー類も充実。
IMG_3166.jpg

ファラオ的なやつも見守る中、
IMG_3165.jpg

ちょっと前人混みの中頑張って上野で見た阿修羅もなぜかピラミッドにてお出迎え。
IMG_3163.jpg

ところでお土産コーナーで一番気になったのはこのパワーカード。カードを水に入れたり貼ったりするとあらゆる事態が好転するとの説明書き。ピラミッドだからPというのはカツオのシャツにKと書いてあるくらい安直ではあるが、そのくらいシンプルに考えたほうが何かとうまくいくのだろう。頭カラッポのほうが夢詰め込めると言われているし。
ちなみにカードは紙をパウチ(ラミネート)加工したような感じ。
IMG_3171.jpg

奥に進むとピラミッドパワーに満ちたゲームコーナーがある。勿論ピラミッドパワーに満ちたメタルスラッグも配置済み(しかしメタルスラッグはほんとどこにでもあるな…)。屋根が斜面なのもピラミッド故に。
IMG_3148.jpg

ピラミッド温泉がもっとも信用できる報道機関・東京スポーツに紹介されたときの記事のコピーが貼ってあった。日付を残したかった意図はあるのだろうが、故・飯島愛の記事まで一緒に貼り出す格好となっており、サイバーエージェント藤田社長もまさかこんなところで自分のことが書かれた記事が貼り出され続けているとは思ってもいないだろう。
IMG_3154.jpg

パワースペースは有料のため立ち入り禁止であった。当然そこまで金を出せないので、取材した別のブログとかデイリーポータルとか見てください。
IMG_3150.jpg

パワースペースの近くには「地球遺産」への入り口が。地球の記憶にアクセスしてエクストリーム状態になっても困るので開けるのは遠慮しておいた。
IMG_3147.jpg

ところで風呂は至って普通というか、むしろ良いくらいであった(場所柄、更に良い温泉が近いため敢えて選ばないというところはあるかもしれないが、全国平均的に言えば)。ピラミッド温泉と名付けた要因のひとつなのかはわからないが黄金色というか茶褐色の湯で、肌がすべすべする。掛け流しでオーバーフローしており、そのせいで子供がすっころんで狂ったように泣き叫んでいたが、温泉目当てでも充分おすすめできる。ただし露天風呂はぬるすぎて夏以外は辛いかもしれない。あと、気柱とかいちいち細かい芸もいらないと思う。
IMG_3144.jpg

ちなみに宿泊者は浴衣が借りられるようで、全宇宙でもピラミッド柄の浴衣が着られるのはここだけだろう。多分。
IMG_3158.jpg

ところで、こんな文句とともにある本が山積みに置いてあった。
IMG_3157.jpg

なんと、Amazonで買うと980円もするのに、ここでは100円で買えてしまう!
最後の文明人記録 (1973年)最後の文明人記録 (1973年)
(1973)
ひび こうじ

商品詳細を見る

※↑クリックしなくていいです。

980円で出してる奴はボッタの極みなので買わなくていいです。欲しかった是非ピラミッド温泉まで買いに来ましょう!しかもしっかり初版本ですから!
IMG_3156.jpg

そんなわけで本を片手に帰ろうとすると、受付のじいさんが「ここに著者がいるからサインを書いてもらいなさい」と勧めてきた。奥には作者のひびこうじ先生がおられ、快くサインを書いてくださった。ぼくの名字は山田ではないけど。
IMG_3003.jpg

ひび先生は、サインを書きながら「あと40年後に地球は滅亡するからね」と優しい口調でぼくにアドバイスをくださり、とてもさわやかな気分、なごやかな気持ちで帰路についた。
IMG_3132.jpg

ピラミッド犬が見送ってくれる中、ほかほかの身体を冷やす小雨が気持ち良かった。是非地球が滅亡する前にはもう一度来たいものだ。
IMG_3178.jpg

公式サイトはこっち。
※記事の内容は2010年10月時点のものです。現在とは状況が異なる場合がありますのでご了承ください。
スポンサーサイト

B級スポット

UFOふれあい館に行った(その2)

前回に続いてUFOふれあい館のレポート。基本的に磁気空間がくるっているので、もはや誰も冷静な判断ができない。このショーケースに無造作に置いてある「こんにちは、私はトムです」などと書いてあるCIAの秘密文書も、なんか英語だからという理由でCIAのものということになっている。賢明な諸君には説明するまでもないであろうが、もちろんCIAとは「ちょっといいことして遊ばない?」の略だ。

ufo9.jpg

なんの説明もなくプレアデス星団という単語が初登場し、ステロタイプな外観のUFOの模型があらわれる。いまどきこんなのに乗るのは多分Dr.ワイリーくらいであるが、ボタンを押すと音と光の演出があるので、それに合わせて歌ってみたいニコ厨の人は是非実物を見に行ってほしい。
ufo12.jpg


世はようやく3Dテレビ元年などと言っているが、それよりはるか昔よりこのUFOふれあい館では3Dシアターの上映を行っている。千貫森とはUFOふれあい館がある山で、UFOの目撃談が多いことからUFO推しを始めたらしい。ハイテクなので係員(もちろん宇宙人に何かを脳に埋め込まれ済)の人に言って、上映を開始してもらう。アバターなんかよりよほど大迫力のUFOが眼前に迫る映像は、すごすぎて意識が飛ぶところであった。正確には車の運転に疲れて寝そうであった。
ufo13.jpg


2階には和室の大広間があり、その名も「宇宙」である。鳳凰の間だの孔雀の間だのまったくしゃらくさいというほどの圧倒的なスケールだ。もちろん玉置浩二あたりの結婚披露宴にはぴったりの収容力を誇る。対角線上にはちょっと小さい銀河の間があるので、その辺の広さの比較はオフィシャルサイトをご覧いただければと思う。
ufo14.jpg


隣には風呂がある。電磁波風呂とかなんとかで温泉ではないらしい。時間の都合というか、面倒なので断念。
ufo15.jpg


帰ろうと外に出ると、入館のときに声をかけてきたおっさん(もちろん宇宙人に操られている)がスタンプラリーをしないと全身の血を抜くぞと脅してくるのでラリーをすることにした。遊歩道を通って、この山の頂上を目指しながら途中の宇宙人たちを捕獲していくというものだ。※UFO道は敢えていじらない
ufo16.jpg


ちなみに捕獲の方法は、紙と鉛筆を渡されているので紙を像にあてがい、鉛筆を浅い角度で当ててシャッシャとこするとあら不思議、なんかそれっぽいデコボコが写るよ的な手法を取らされる。こんなことまさか30近くになってするとは思わなかった。
ufo17.jpg


もはや何が健康に良いのか悪いのか、すっかりわけがわからなくなっている様子だ。ちなみに宇宙人の像は10体近くあり、山も微妙に疲れるので相当めんどくさい。
ufo18.jpg


汗をかいたので電磁波風呂でも入りたいところだが、一度退館しており再度金を払うのはいやなので断念。すっかりこのおっさん、いやおっさんを操る宇宙人にダマされた。
ラリーの記念品をもらい(とサクッと書いてるが地味に1時間近くかかった)、UFO物産館をざっとみて何も買わずに退散。今度池袋の東武デパートにでも出張してきてほしい。
ufo19.jpg


というわけで、実際訪問する楽しみを残すために敢えてスナック感覚の軽い情報しか出していないが、もし諸般の事情で訪問が難しい場合は動画レポートを見つけたのでこちらをご覧いただければほぼ全容がわかると思う。この手のものが好きな人には全力でおすすめしたい(いつUFOのようにいなくなってしまうかわからないし)が、ディズニーランドがふつうに楽しい人には全力でおすすめしない。ひとつだけ確実に言えるのは、誰も悪気はないということだ。次は自分の車ではなく是非UFOに連れ去られて訪問するかたちをひとつお願いしたいところだ。


オフィシャルサイト

※記事は2009年5月頃の情報です。現在とは状況が異なっている可能性があるため、お出かけの際は最新の情報の確認をお忘れなく。

B級スポット

UFOふれあい館に行った(その1)

ちょいちょい色々なところに出かけているので、そういう情報も時間のあるときに出していって、少しは誰かの役に立ちたいと願っているです(本当)。

さて、昨年のジーダブリュー(ゴールデンウィークの略)に、福島県にあるUFOふれあい館に行ってきたので、そのレポートを書きたいと思う。

GWにネズミの国とかの混むとわかりきっているところに突撃するのは愚の骨頂であるので、なるべく空いてそうなところで良いスポットはないかと探したところ、まだおさえていないこのテーマパークを思い出し、ぼくは安全運転で向かった。その名も「UFOふれあい館」。
UFOにふれあうという時点で、ちょっと何言ってるかよくわからないのだが、外観からしてUFOを精一杯模した感じがでている。

ufo1.jpg




そこでぼくを出迎えてくれたのは、キャッチーでフレンドリーなマスコットではなく、胃が悪そうな顔色をしたビートルズ、もしくは角の折れたラララむじん君(通じるのかこれ)だった。

ufo2.jpg

このマスコットの横には既に宇宙人に何かを脳に埋め込まれ操られていると思しきオヤジ(そういうのをMMRで見たことがある)がいて、必死にウォーキングラリーをやれと勧めてくるので、後でと言ってひとまず館内に潜入することにした。

地球人は400円、とでも言うのかと思ったら単に一般400円とのことなので、代金を支払い入館。
受付の向かい側はライブラリーになっており、様々な文献、まあ主に『ムー』がズラリと並んでいた。その他見たまんまのファイルとかも置いてあったが、特に見る気にはならなかった。

ufo2a.jpg

これも絶対UFOを模していると思うのだが

ufo3.jpg

少し奥へ進むと、ミステリーゾーンの入り口が眼前に現れた。少しというのは5歩くらいだ。
別にこのゾーンの前から既にミステリー感は漂いまくっているのだが、意を決してカーテンをくぐる。

ufo4.jpg

…が、敢えてミステリーゾーンの内部はここには載せない。気になる人はぜひその目で見て欲しい!
…というか、照明がアレっぽいだけで具体的にどうミステリーなのかがミステリーだったので省いた。
で、ミステリーゾーンを抜けると、いきなり侵略者との宇宙戦争に備えるための人類最後の希望たる秘密兵器が展示されていた。

ufo5.jpg
ドラえもんの空気砲ならばまだ宇宙人に対抗できるのかもしれない(ファミコンのゲームでも空気砲ならなんとかなっていたと思う。しょぼいピストルはダメ)が、あいにくそんな未来の兵器は存在しないので、でんじろう先生謹製の大砲でインベーダーと戦うことになる。こいつで明日はインディペンデンス・デイ!

更に奥に進むと、子どもが入れるくらいのUFOが!奥には等身大宇宙人(オフィシャルサイトの説明より)が!

ufo6.jpg
どうも、このUFOは段ボールでできているらしく、経緯としては経営難なこのふれあい館を救うため、テレ東『テレビチャンピオン』の段ボールチャンピオンが一肌脱いで制作したものらしい。なかなかしっかりできているが、大人は入ってはいけないということなのでぼくは静観していたところ、貧乏そうな子どもが、せっかくの休みにこんなところにしか連れてきてくれない自分の親に対する怒りを忘れるかのごとくキャッキャ言って遊んでいた。ネズミの国じゃなくても充分楽しいのよね。ああ楽しい!

更に、誰なんだお前はと誰もが言いたいノーイ博士の部屋(の再現コーナー)があった。ノーイ博士に既に息は無く、おそらく宇宙人もしくは相撲好きの悪魔に蝋人形にされてしまったものと思われる。

ufo7.jpg



ところでこのタイプの宇宙人は初めて目にする。身長は2mくらいあり、頭脳だけじゃないんだぜ力こそパワーだぜ的な威圧感があるが、勿論顔を覆ったガラスを割れば、弱点の酸素によって苦しんで死ぬだろう。

ufo10.jpg



入り口にいたビートルズも複数いる。ビートルズというか髪型はむしろぼく自身に近いかもしれない。この手前の押切もえ型宇宙人も含め、弱点はもちろん、目だ。

ufo11.jpg


磁気のみならず色々くるってる気がしてならず、また自分の頭もくるいつつあることを自覚しながらも、長くなったので次につづく。

ufo8.jpg


オフィシャルサイト

※記事は2009年5月頃の情報です。現在とは状況が異なっている可能性があるため、お出かけの際は最新の情報の確認をお忘れなく。
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

経県値
Twitter
Page Top

Powered by FC2 Blog |

FC2Ad

| Template Design by スタンダード・デザインラボ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。