FC2ブログ

スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

看板・貼り紙

閉店告知コレクション(その3)~遺憾編~

更に閉店告知シリーズを続ける。告知に店主の思いがつまっていそうなもの、またはこっちの思いもつまっているものをチョイスした。なのでそれなりにコメントもございます。


色々見ているが、やはり店一般として40年というのがひとつのヤマになる。ふつうに考えると1960~70年あたりにかけて開店したということになるので、景気と人口と跡取り問題などなど、始めた頃と比較した場合マイナス要因ばかりだ。
ka3-1.jpg


努力の跡を説明するパターン。地元の人や、ぼくなどの外野が無責任に寂しいですねーというより何よりも、ただ使ってくれ、ここで黙って珈琲飲んでってくれと本音では言いたいところかもしれない。
ka3-2.jpg


戦前からファンシーショップを開いていたとはまことに畏れいるものだが、案外戦中にもファンシーさが必要だったのだろう(たぶん化粧品で、間違ってもキティちゃんとかじゃないと思うけど)。
ka3-3.jpg

阿佐ヶ谷ゴールド街のとんかつ屋。同名のチェーン店とは多分関係ない。隣にも『鉄路』というとんかつ屋があったのだがそちらは少し先に閉めてしまった。今は洋食屋『クロンボ』が孤軍奮闘しているが、もうすぐどこにでもあるようなダサいエキナカ店舗に生まれ変わるとか変わらないとか。
ka3-6.jpg


近所のファミリーマートの閉店告知。もっと駅の近くにセブンイレブンができてあからさまに客を取られた格好で閉店してしまった。
ka3-4.jpg


こっちも同じファミマ。ちなみにこの店は家族でシフトを回していて、80過ぎくらいのおばあちゃんもレジを打っていた。当たり前だが、きちんとSuicaやチケットなんかのちょっと変わったオペレーションも問題なかった。意識的に愛用していたのだけど、そもそも個人的にコンビニの買い物をあまりしないほうなので貢献度は低かったかなあ。閉店ぎりぎりの棚がすかすかの店は本当に寂しいものだった。閉店の何日か前に、おばあちゃんにお疲れさまでした、と一言だけ言うのが精一杯だった。
ka3-5.jpg
スポンサーサイト
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

経県値
Twitter
Page Top

Powered by FC2 Blog |

FC2Ad

| Template Design by スタンダード・デザインラボ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。