FC2ブログ

スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

看板・貼り紙

閉店告知コレクション(その4)~特別編~

閉店告知シリーズ第一弾の最後はちょっと毛色の変わったものを。

ちょっと前からそこら中にワシワシ開店した白い鯛焼き屋も、同じ勢いで今後は閉店を迎えていくのだろう。そもそも脱サラ個人事業主なんかがオーナーになるようなフランチャイズ店において統合なわけがなく、潰れたと言うとなんか勢いが無いんじゃないの、と思われるのを避けるための言い訳だ。そのフランチャイズビジネスの食い物にされた脱サラさんの今後の人生を考えるととてもアンコのように甘くない行く先を想像させられてしまう。
ka4-4.jpg


少し前から何らかの迷惑をかけていたと思われる。たぶん、突然の病気か何かでお店を休んでしまったのだろう。この手の地元密着型美容院は客もずっと通っている人ばかりなので、その間は髪を伸ばしホーダイといったところだろうか。そしてそのまま失礼してしまう三浦さん(多分)のご健勝をお祈り申し上げます。失礼いたします。
ka4-5.jpg


さすがお医者様、一切お詫び無し!みたいに思えるが、たぶんお医者様自身にお医者様が必要になったのだろう。
ka4-2.jpg


スリッパを売り切るまでは閉店しないで頑張っていたということで、ずっと続けて欲しいファンであればスリッパを買わないのが正解なのだが、残念ながら売れてしまったようだ。スリッパ専門店というのも何気にすごい気がするがきっと一流のスリッピストに愛されていたに違いない。
ka4-1.jpg


いつも行っていた店が閉まっていて、「雨漏りのため、閉店!」と書いてあったら自分ならきっと笑ってしまう。直せよ!と思ったりもするが、設備系の修繕で採算が合わず閉店するという例は決して少なくない(昔、冷蔵庫が壊れてそのまま閉店したコンビニをぼくは知っている)。こういうのはある意味ほんとにどうしようもない。
ka4-3.jpg


昔バイトをしていた店はあるときに潰れた。趣味でよく行く個人経営の喫茶店もここのところバタバタを店を閉めている。時代の流れとはいえ、閉店にはいつもどこかに一抹の悲しさが感じられる。
スポンサーサイト
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

経県値
Twitter
Page Top

Powered by FC2 Blog |

FC2Ad

| Template Design by スタンダード・デザインラボ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。